貸し倒れのリスクを考えておくこと、貸す相手を見極めることが、最も重要な判断です。

40代男性Fさんの体験談

考える男性

 

40代の会社員です。

 

以前から株式や投資信託などで資産を増やそうとしていましたが、株価の下落などで思ったようには上手く資産は増やせませんでした。

 

とはいえ不動産投資に出せるほどのお金も持ち合わせていない中で、新たな投資の手法として個人間融資があるという事を聞きました。

 

個人間融資の掲示板はいろいろとありますが、相手の方がどういう方なのかをよく理解できるサイトを利用することにしました

 

いろいろと個人間融資について調べてみたところ、個人の貸し借りにも利息制限法が適用される事を知りましたので、利息はその制限内で行う事としました。

 

掲示板にさっそく借入可能な旨の書き込みをすると、その日のうちに3名の方から連絡がありました。

 

1人目は男性・30代で30万円を30回払い、2人目は20代女性、10万円をボーナス一括払い、3人目は20代男性、15万円を12回払いといった内容です。

 

その後も問い合わせは相次ぎ、現在でも私が融資できる額は、すべてお貸ししている状況です。

 

まず、各債務者との連絡には、相手の携帯番号を教えて貰った上で、LINEでのやり取りを行うことにしました。

 

こちらからの問い合わせには、皆さん早めにレスを頂き、やり取りはとてもスムーズに済んでいます。

 

今まで数十人の方と取引をしましたが、貸し倒れは1件も無く、遅延するという連絡も事前に頂ける場合が多く、非常にスムーズです。

 

私には個人間融資に投資できる額が300万円ほどありますが、利息による収入として年間で50万円ほど得られています。

 

貸し倒れのリスクを考えておく事と、貸す相手を見極めるという事最も重要な判断だと思っています。

 

株式投資よりもある意味リスクは低く300万円を常に融資している限りは安定収入がありますので、新たな投資のひとつとして、とても有用なものだと私は思います。

 

【他の体験談を見る】20代男性Kさん