投資期間も短く設定し、投資家が元本を割らないように気を配っています。

日本で初めての個人間融資会社「maneo」とは?

2008年、金融ベンチャー「maneo」日本で初めての個人間融資会社として登場しました。
アメリカで提供されているソーシャルレンディングサービスと、日本の金融システムの違いが障害になり、ビジネス誕生まで長い時間がかかったといいます。

 

銀行とサラ金の中間に位置する個人間融資会社ですが、この新しいシステムが日本に馴染んでいくかどうかは、今後のmaneoの活躍にかかっていると考えても良いでしょう。

 

銀行がお金を貸すときに法外な金利を設定するのには、膨大な維持費コストが発生するからです。人件費と店舗維持費、それに貸し倒れといったデフォルト(債務不履行)のリスクを考慮しなければなりません。さらに、利益となるマージンも必要です。

 

 

 

maneoの場合、取引は全てインターネットを使うことによってコストを相当削減しています。

maneo

店舗もありません。オペレーションもITで極力省略化していますから人件費も少なくて済みます。

 

maneoのビジネスの中で一番難しいのは、お金を貸す投資家が複数の人に継続してお金を貸していく場合、貸金業の登録をしなくてはならないという日本の金融庁の法律でした。

 

これはmaneoが貸し手に貸し付けし、その金銭債権に対して投資家が匿名組合出資契約を行うという形を取る事によって解決し、無事に開業する事が出来たのです。

 

最初は個人の顧客のライフイベントによっての資金不足を見込んだサービス展開を考えていましたが、2014年現在では、中小企業への資金提供を個人の投資家へ呼びかける形として定着しています。

 

maneoは投資対象となる中小企業を厳しく審査し、その審査にパスした企業に対して投資家が出資して毎月利息を受け取っています。

 

厳しく審査をパスしたとはいえ、不況によって会社の経営は完全に安心できるとはいえません。
そのため、maneoでは投資期間も短く設定し、投資家が元本を割らないように気を配っています。

 

世界一の消費者金融サイトで有名な「Lending Club」とは?